リハビリテーション

成人リハビリ小児リハビリ


成人リハビリ

脳梗塞や脳出血などの脳卒中・頭部外傷等の脳神経疾患や大腿骨頚部骨折、脊椎圧迫骨折などの整形外科疾患が対象となっています。

疾患によって引き起こされる脳機能障害や運動機能障害、個々の患者様の日常生活動作の障害、さらには住まいや環境に関して社会復帰を妨げている状況に対応して、病院内外の多くの部門との連携を行い社会復帰に向けた治療を行います。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士各療法士の指導による生活リハビリテーションを行っています。



成人リハビリテーション内容

理学療法士 PT ( Physical Therapy )

運動療法、物理療法、水治療法などを治療手段とし、様々な機能障害を持つ人々や健康増進を望む人々の快適な人生の手助けをする療法士です。

理学療法の対象となる方は?

高齢者の方から中年者、若年者、プロスポーツ選手までと幅広く対象となっています。病院では高齢者の方が多いイメージがあると思いますが、年齢問わず対象となっています。


理学療法士はどんなことをしているの?
理学療法士はどんなことをしているの?

■運動療法

理学療法士の手や器具を用いて、手足の動作改善、筋力の回復を目指します。


■物理療法

温熱、電気光線などの物理的な刺激を用いて痛みの軽減を目指します。


■日常生活活動練習

起床してから就寝するまでの体を動かす動作が円滑に行えることを目指します。


■動作指導

車椅子、杖などの使用方法、日常生活での動作を行う際の注意点などを理解していただくことを目指します。


■住宅・環境整備、訪問リハビリ

住宅内の段差解消、手すりの取り付け位置、お風呂・トイレなどの改修部位の検討を行います。また、訪問リハビリでは在宅で日常生活に直結したリハビリを行うことができます。


作業療法士 OT ( Occupational Therapy )

身体あるいは精神に障害のある方、またはそれが予測される方に対して、その主体的な活動の獲得をはかるため、諸機能の回復・維持および開発を促す「作業活動」を用いて治療・指導・援助を行います。
(日本作業療法士協会の定義)

対象疾患

脳卒中、パーキンソン病、脊髄損傷、リウマチ、切断、骨折、心臓疾患、呼吸器疾患 等

■身体機能面への働きかけ

実際の生活に必要な筋力、関節の動き、感覚機能などの維持・改善をはかると共にスムーズな動きや耐久性の獲得などを行います。


■日常生活活動面への働きかけ

食事、更衣、排泄、入浴などの身辺動作や家事動作について、その動作ができない原因を評価し、その人にあった適切なやり方・介護の方法を訓練・指導します。


■精神面への働きかけ

長期入院や障害により、失われやすい精神活動や生活に対する意欲の維持・改善をはかると共に、趣味や嗜好品を使用して不安を和らげたりします。


言語聴覚士 ST ( Speech Language Hearing Therapists )

言語聴覚士は、言語や聴覚、音声、摂食機能に障害のある方々に対して、障害された機能とそれによって生じるコミュニケーション又は摂食障害を評価して、改善、維持、あるいは代償させるための訓練を行います。又、御本人や御家族の相談にのって助言や指導を行ないます。

そもそも言語聴覚士という名称は大変新しく、徳島県でもまだ56名(平成14年時点)しかいません。人間が使っている発声発語器官は、もともと摂食や呼吸のための器官であるため、発声発語器官に障害を持つ方々は食べることの障害=摂食嚥下障害を持つ場合も多く、言語障害と密接な関係があります。

このように、言語聴覚療法とは、コミュニケーションや食べることに障害を持つ方々の言語や聴覚や摂食の機能の獲得、回復、維持を支援し、最終的に「生活の質(QOL)」を高めるために行われるリハビリテーションの一領域であります。

どんなリハビリをするの?

■失語症について

失語症の場合、程度の差はありますが「話す」能力だけでなく「聞いて理解する」「読んで理解する」「書く」といった能力も障害されてコミュニケーションに支障をきたします。脳の損傷部位によって失語症には様々なタイプがあり、それらのタイプや重症度によってその患者さんに最も適したリハビリテーションを行います。(例えば、「聞く」「話す」「読む」「書く」といった言語様式ごとの重症度や、「語音認知」「音韻処理」「語彙・意味処理」「統語処理」といった言語の障害レベルに合ったリハビリを実施します。)一般的には、絵カードやプリントなどの教材を用いた訓練を行います。


接し方
  1. 話しかける時は、ゆっくり、短く、わかりやすいことばで。
  2. 話を聞く時は、あせらさず、ゆっくりと待つ。
  3. 通じにくい時は、例えば、わかりやすい漢字を中心とした文字、絵、ジェスチャーなどの手掛かりを用いる。
  4. 50音表は用いない方がよい場合が多い。失語症患者さんは一般的に音韻処理・仮名の読み書きの障害が大きい場合が多いので用件の伝達にはむしろ易しい漢字を用いる方が有効な場合が多い。
  5. 子供扱いしない。言葉は不自由でも多くの場合知的能力や人格は保たれているので、人格やプライドを傷つけるような接し方は厳に慎む。

■構音障害/音声障害について

障害部位が中枢性か末梢性か、失調があるのかなどによって、それぞれの患者さんに適したリハビリテーションを行います。
主に、発声発語器官の運動や発声発語訓練(復唱や音読など)を行います。

接し方

失語症を合併していない場合は、「話す」以外の「聞く」「読む」「書く」といった能力は保たれています。患者さんの話がわかりにくいときは、あせらさずゆっくりと話してもらったり、書いてもらったりしてください。

■えんげ障害につて

口腔や咽頭、その周辺の器質的障害と、脳血管障害などによる機能的障害によって、水分や食べ物が飲みこみにくくなるなどの障害が生じます。口腔ケアや関節訓練を行います。
また、言語療法では、委託歯科医師・歯科衛生士と協力して訓練にあたっています。

接し方

誤嚥(ごえん)を少なくする為に、飲みこみやすい姿勢にする、飲みこみやすい量にする、食べている時には話しかけない、口や喉に食べ物を残さないようにケアをしてあげてください。


成人リハビリ小児リハビリ



小児リハビリ

小児リハビリテーションとは?

発達障がいのお子様一人ひとりに合わせた指導を行うことで、コミュニケーション能力や感覚・運動能力を育み、日常生活を豊かにしようとするものです。

このような症状の方

●人見知りがない・激しい
●手を離すとどこへ行くかわからない
●名前を呼んでも振り向かない
●指さしをしない
●かんしゃくがひどい
●2歳を過ぎてもことばが増えない
●一方的にしゃべってばかりいる
●質問に答えられない
●真似をしない
●手や体が不器用
●ひどく怖がる
●友達とあそばない
●勝ち負けに強くこだわる
●睡眠が不規則   etc

こんな心配をお持ちの方は、一人で抱え込まずにご相談下さい。

初診のご予約について

初診のご予約はお電話で受付しております。診察・発達検査・カウンセリングの後、訓練が必要と考えられた場合でも、訓練の空き枠が出るまでお待ち頂く可能性もございますので何卒ご了承下さい。


小児リハビリテーション(個別訓練)について

小児リハビリテーション(個別訓練)が適応であると医師が判断した場合、週1回40~60分の個別訓練を言語・作業療法士が担当します。個別訓練は、お子様の発達的特徴や認知特性に添い、お子様に無理のない指導プログラムで進めていきます。子育てでお悩みのことなどがあれば、医師の小児カウンセリングを受けることもできます(要予約)。
個別訓練や小児カウンセリングは、ご家族様の同意の上であれば学校の先生・保育所幼稚園の先生方もご同席・見学いただけますので、その際は事前にご連絡下さい。


■言語聴覚療法 ST ( Speech Language Hearing Therapy )

言葉を育み、伝え合う力を高めます。

お子様の 「わかることがら」 「わかることば」 「言えることば」 などことばの発達についてだけでなく、 運動面・感覚面・対人面・社会性の発達を総合的に評価し、お子様の発達段階と興味に添った学びや遊びを提案・実践しています。
また、周りの大人が"その子らしく育つ"ことを支援できるサポーターとなるためには、お子様の感じ方や考え方について理解・共感することがとても大切です。わたし達STは、コミュニケーションの観点からお子様の行動や言動の背景にある部分を分析し、配慮の仕方などをご家族の方が考えていけるようにお手伝いをしています。


■作業療法 OT ( Occupational Therapy )

感覚統合能力を高め学びの基盤を整えます。

こどもの生活の大半は「あそぶ」ことであり、いろいろな経験を経て、たくましく発達していきます。私たちは、こどもさんの発達段階に適した感覚刺激を取り入れた遊びや活動で、自発性を引き出すきっかけ・・・「やってみたい」を育んでいきます。字が書けるようになった!とか、手先が器用になった!など、目に見えるような変化はすぐには見られにくいですが、お部屋での遊びを通してより適応的・積極的に生活できるようになります。
ご家族の悩みとして・・・「言うことを聞いてくれないのはどうして?」「こんなことのどこが楽しいの?」など日常の気になることを話し合いながら、上手にこどもさんと関わっていく方法を一緒に考えていきます。おこさんの色んな行動の背景にある原因を一緒に考え・理解できるようお手伝いさせていただきます。


運動が苦手なお子様とは?

動きがぎこちない / 転びそうなとき手がつけない / 段差の上り下りが苦手 / ジャンプができない


ページトップへ