特定健診(天満病院)

はじめに

以前より高血圧、高脂血症、糖尿病は動脈硬化を促進し、虚血性心疾患、脳血管障害などの原因になるといわれています。これらと肥満との関係に着目したメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)という概念が唱えられるようになりました。

「特定健診」では健診結果から生活習慣病のリスクを評価します。


メタボリックシンドロームとは

食べ過ぎ、運動不足などにより内臓脂肪が蓄積し、脂質異常、高血圧、高血糖のうち2つ以上が当てはまった状態です。内臓脂肪の蓄積で、分泌される悪い物質が増えて、血管の炎症や血栓を作りやすい状態を起こします。動脈硬化を抑える良い物質が減少して、動脈硬化が進み、心筋梗塞、脳梗塞や糖尿病合併症(網膜症、腎症、神経症)を起こしやすくなります。


メタボリックシンドロームの判定

腹囲
  男性 85 cm以上、女性 90 cm以上
脂質・中性脂
  50 mg/dl以上 かつ/または 服薬中の方
HDLコレステロール
  40 mg/dl未満 かつ/または 服薬中の方
血圧
  収縮期 130 mmHg以上または拡張期 85 mmHg
  空腹時血糖 110 mg/dl以上(HbA1c 5.5%以上)
   かつ/または 服薬中の方
※以上の内、1項目が該当 = メタボリック予備軍 2項目が該当 = メタボリック該当

特定健診のしくみ

  1. 40~74歳の保健加入者に対し、保険者(国保・健康保険組合・共済組合・政府管掌健保)から特定健診受診券が送られます。
  2. 健診医療機関で問診、身体計測、採血など行います。
  3. 健診結果が健診医療機関から保健加入者、保険者に通知されます。

当院での特定健診の流れ

  1. 診察券、受診券を受付に提出
  2. 質問票を記入(服薬、既往歴、自覚症状、喫煙、飲酒など)
  3. 身体計測(身長、体重、腹囲)、血圧測定
  4. 診察
  5. 採尿、採血など
  6. 1週間ほどで結果を郵送または直接手渡します。

特定健診の検査項目

基本検査

尿 糖、蛋白
血糖 空腹時血糖、HbA1c
血中脂質 中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール
肝機能 GOT, GPT, γ-GTP

更に一定の基準を満たし、医師が必要と判断した場合

貧血 赤血球数、血色素、ヘマトクリット・心電図・眼底


ページトップへ